キラキラネームの改名

キラキラネームが流行ってから、もう何年か経ちますね。名前というのは、自分で付けることができませんから、キラキラネームを付けられた子供が、どう思っているのか分かりません。私もキラキラネームではありませんが、自分の名前が気に入っているわけでは…

アボカドが肌にいいらしい

最近私がハマっている食べ物が、アボガドです。アボカドって実は今まで、あまり食べたことがありませんでした。でもこの前雑誌に、アボカドは美肌を作るのに、ものすごくいい食べ物だと書いてあったのを見て、早速スーパーにアボカドを買いに行きました。ア…

クールビズに着物を活用する

今後経済産業省から検討しているクールビズの一環として、生物の活用を検討しているようです。きものの日というのは投入して、職員には着物などをきた和装での出勤を促すようです。これは日本国内の和装産業を活気づけるという目的もあり、普段からこういっ…

人に何か欠点を発見者とき

人に何か欠点を発見者ときに、すぐに注意をしてしまう人と、しばらく様子を見ている人の2通りのタイプがいます。この様子を見ているほうのタイプの人は、本当は注意をしたくないという気持ちが、そうさせているのではないでしょうか。しかしこれは、1種の…

マニュアル免許は意味があるのか

車の運転免許取るときに、マニュアルの免許にしようか、オートマ限定の免許にしようかというのは、どっちにしようかちょっと迷いますよね。実際にオートマ車にしかならないのであれば、確かにマニュアル免許持っていても、意味がないような気がします。ここ…

消費税が17パーセントになったら

消費税がもしも17パーセントになったら、一体どうなってしまうのでしょうか。今8パーセントでも、ヒイヒイ言っているというのに、10パーセントになることも決まっています。、しかしそれで、終わりになるわけではないのです。10パーセントになった後…

ネガティブ発言禁止はやり過ぎか?

人間は言動に詐取されるということは、心理学の世界では常識になっています、だからネガティブ発言をしていると、自然と行動もネガティブになっていくのですその辺を考慮したのかどうかはしりませんが、ソフトバンクホークスの新監督に就任した工藤公康監督…

仮面女子とは何者だ

最近オリコンで1位になったとかで、やたらと話題を集めているのが仮面女子という地下アイドルグループです。地下アイドルというだけあって、あまり存在は知られていないのでしょうか、わたしは初めてこのグループのことを知りました。まず写真をみたら、本…

アミノ酸も取らないとだめ

美容や健康のために、栄養のバランスに気を使っている人も多いと思います。そんな人達の多くが気を使って摂取しているのが、ビタミン類やミネラル類なんですね。確かにこれらに栄養素は、普段の食生活の中で不足しがちな栄養素なので、サプリメントなんかで…

頭を悪くするウイルス

頭を悪くするウイルスなんてのが発見されて、話題になっています。こんなのが発見されると、自分の頭が悪い原因が分かったなんていう人が出てきますね。と言いつつも、私も感染の可能性があるかもしないですね。このウィルスは、人間の脳に感染すると、認知…

登山時の危機意識を

今回の御嶽山の噴火で、登山時における危機意識を持つことが、いかに大事かということを再認識しました。いろいろなかたのインタビューなどが、テレビなどで流れていますが、やはりベテラン登山者は災害時の対処法などがしっかり頭に入っている方が多かった…

トマトの不動の人気

嫌いな人も多いような気がするトマトですが、野菜の人気ランキグでは6年連続で1位という不動の人気を誇っているのです。トマトの魅力はどこにあるのか分かりませんが、特に年齢が上がるほどトマトの人気が高まるようです。しかしこの人気も、食べて美味し…

温州ミカンの新品種

冬の味覚ミカンの品種開発を熊本県が加速している。熊本EC11という温州ミカンの新品種を熊本県農業研究センター果樹研究所が育成に成功しました。熊本のミカンの農家は11月下旬になると、他県産みかんとの厳しい競争にさらされるが、これが朗報となり…

トラケロモナス属によるもの

マハトマ・ガンジー大学のサントシ・クマルとゴドフリー・ルイが、ミドリムシの一種、トラケロモナス属によるものが雨水の赤い色の原因だとの解析結果を報告した。各種アミノ酸が雨の粒子には含有しており、改易されたアミノ酸は地球内の地上植物の内または…

ルビースイート

このリンゴは収穫の最盛期が、10月の中下旬になります。皮だけでなくりんごの赤色の基となる色素が、果肉の細胞にも含まれているため果肉が赤くなっています。このリンゴを開発したルビースイートは、およそ20年かけてアメリカの品種に日本のふじを交配…

骨の発掘

次から次へと砂の中から掘り起こされる巨大な骨は、なぜクジラの骨が必要とされているのでしょうか。きちんとこの状態からやっていけば、最終的には組み立てることができるようになるそうです。一度強度を高める加工をした後、ザトウクジラの骨がもろくなっ…

極小の突起をコーティング

アメリカの研究チームによる新しい発見は、衣料品から飛行機の翼までと幅広い分野での応用が可能である。危険な着氷が発生するリスクが、高度上空で水滴にさらされると高くなるという。表面に極小の突起をコーティングすることで、水滴が表面に当たるちきに…

太閤記は切腹命令

儒学者である小瀬甫庵が、江戸時代初期に書いた太閤記は切腹命令という文書を載せている。自身の身の潔白を証明するために自分の判断で切腹したと思われている。秀吉が同月12日に高野山の僧である木食応其へ宛てた書状に着目した。登り坂も厳しく徒歩だと…

ナマコ靴下

青森県のナマコ漁獲量は全国でも北海道に次いで全国2位の取れ高となっている。いずれも保湿作用があるせっけんや地場産業を育成する総務省の補助金の5千万円を受けた産学金官の連携事業となっている。この靴下には水虫菌を抑制する効果などがあるという。…

給食用タマネギの産地偽装

9月分のタマネギに、市教委は北海道産を指定している。薩摩川内の青果業者が落札後の9月上旬、入札額が安い、2014年3月まで入札を辞退する。材料の納入業者は薩摩川内市教育委員会によると、毎月入札で決定しているという。市教委に同社が提出した報…

神経幹細胞の自己増殖

脳内細胞などの再生医療への応用が期待されるという、11月1日付のアメリカ科学サイエンスオンライン版に掲載された重要な働きをする3種類のたんぱく質に着目した。ニューロンなど脳を構成する主要な細胞に分化したりする際に、3種類のたんぱく質の増減…

トヨタ米国訴訟

トヨタの事業に影響を及ぼす可能性もあるが、トヨタが敗訴したのは陪審は24日、エンジンの出力を調整する電子制御装置の欠陥が事故の原因として、当時76歳だった女性が運転するカムリが、約500件以上残る同じようなの訴訟の行方が今後の注目とされる…

復興アワビを密漁

岩手県警などは共犯者の有無や、被害金額は昨年の同地区のアワビの取引実績か岩手県警などは24日までに約250万円に上るとみられている。宮古市田老の空き地で密漁したアワビを 取引のために所持した疑いがもたれている。岩手県漁業調整規則違反(あわび…

全9地域が景気判断を引き上げ

今年10月は北陸を除く8地域の景気情勢を「回復」と表現している。全地域の判断引き上げは4月以来2期ぶりとなる。北海道と四国はさくらリポートの公表開始以来、10月の地域経済報告を公表した。北陸は着実に持ち直していると総括判断している。日銀は…