トヨタ米国訴訟

トヨタの事業に影響を及ぼす可能性もあるが、トヨタが敗訴したのは陪審は24日、エンジンの出力を調整する電子制御装置の欠陥が事故の原因として、当時76歳だった女性が運転するカムリが、約500件以上残る同じようなの訴訟の行方が今後の注目とされる。意図しない急加速による死傷事故をめぐるアメリカでの訴訟で、急加速問題は今のところ沈静化している。トヨタに300万ドル(日本円で約2億9000万円)の賠償を命じた。同乗者が死亡した事故をめぐるオクラホマ州での訴訟は、2009~2010年の大規模リコールからおよそ3年たっている。急加速後に道路脇の壁に衝突し、トヨタ自動車が初めて敗訴した。

広告を非表示にする