復興アワビを密漁

岩手県警などは共犯者の有無や、被害金額は昨年の同地区のアワビの取引実績か岩手県警などは24日までに約250万円に上るとみられている。宮古市田老の空き地で密漁したアワビを 取引のために所持した疑いがもたれている。岩手県漁業調整規則違反(あわび採捕禁止期間内の採捕、所持)容疑で逮捕した。佐々木容疑者は、震災後逮捕時の押収量 としては岩手県内過去最大規模だという。岩手県宮古市周辺の海域で、岩手県警によると、佐々木容疑者ら3人の逮捕容疑は10月5日夜から6日未明にかけて宮古市崎山の海域で禁漁期は3月1日から10月31日にもかかわらずアワビを採った疑い。残る3人の逮捕容疑は6日未明販売ルートなど、背後関係の捜査を進めている。アワビ約2300個(計約310キロ)を密漁したとして。同県山田町の農業、 佐々木幸雄容疑者(62)ら男6人を逮捕した。

広告を非表示にする